お尻のニキビ

お尻のニキビの原因と対策

お尻には、特にニキビができやすいです。なぜならお尻は、座ることで圧迫されて血行が悪くなりますし、衣服に包まれているため湿気がたまりやすいからです。そのため、ニキビの原因菌のアクネ菌が繁殖しやすいのです。さらに女性の場合、ホルモンバランスの変化によっても、お尻にニキビができやすくなります。 こういったお尻のニキビは、できてしまってから対処するのではなく、できる前に予防しておくことが大事です。できてしまっても、自分の目では見えないので、気づくのが遅れて悪化してしまうこともあるからです。しかも座ることで潰れて、傷跡が残ってしまうこともあります。 予防には、保湿効果のあるジェルやクリームなどの薬用化粧品を使用することが有効です。ニキビケア用に作られたものだと、アクネ菌の繁殖を防ぐ成分や、ニキビによる色素沈着を防ぐ美白成分も配合されているので、より効果的です。入浴後に塗っておくことで、ニキビはできにくくなりますし、できたとしても悪化せずにすぐ治るようになるのです。

配合されている成分と価格

ニキビは、炎症を伴う肌トラブルです。そのためお尻のニキビケア用の薬用化粧品は、デリケートな状態になった肌にも問題なく使用できるよう、肌に優しい成分で作られていることが多いです。たとえば抗炎症作用のある成分に、グリチルリチン酸ジカリウムなどの植物性のものが使われていたりするのです。香料や防腐剤など肌に刺激を与える成分を一切配合していない、無添加のものもあります。 そのため、一般的な化粧品よりも価格はやや高めです。特にジェルやクリームは、有効成分が高濃度で配合されている分、それが価格にも反映されています。 具体的には、内容量100gにつき、価格は5千円前後となっています。50gほどのものだと、2〜3千円で販売されているわけです。